Home > 商品案内

商品案内

Global Sling Ⅳ

肩腱板断裂手術後用装具(岡村式)

画像
右肩装着

画像
左肩装着

グローバル・スリングは、札幌羊ヶ丘病院院長 岡村健司先生監修のもと、日本人の体型を研究しより効率よい治療と患者の快適性を追求した、優れた肩関節装具です。
術後の患者へスムーズなリハビリが行えるよう検証を繰り返し、患者側と治療側の様々なニーズに応えられる装具として安全を第一に、装着のストレスの軽減と治療の効率化に重点を置き開発しました。



肩関節を外転位で保持し、上肢を懸垂します。一般的な腕つり(スリング)としても使用できます。

付属のベルトを装着することで、上肢を体幹に固定し、安定した肢位で保持することができます。
左右兼用構造のため、どちらの肩にも使用可能です。

■ GLOBAL SLING Ⅳの特徴

◎MADE IN JAPAN (日本製)

医師、理学療法士、義肢装具士が現場目線で開発。生地やパーツなどの材料から日本製にこだわり、一つ一つ丁寧に製造しています。
日本人向けに小型設計。

◎軽量化

Mサイズ:約360g

画像

◎通気性

ダブルメッシュ素材を採用し、適度な弾力と通気性を備えました。季節を問わず快適な装着が可能です。

画像

◎肘部を解放

肘部を解放し、周辺組織の圧迫を軽減。通気性も向上しました。

◎ウレタンパーツで安定性向上

スリング近位部にウレタンパーツを使用する事で、装着時の固定性、安定性を向上。スリング内でのズレを解消。

画像

◎腰ベルトが可動式

外転枕と腰ベルトの接合部を可動式にする事で、接合位置を変更する事が出来る為、外転枕の捩れを回避し、様々な体 型の方が外転角度を担保する事が可能です。着脱も容易となります。

画像

◎前腕部形状保持性

スリング本体の遠位部に形状保持素材を使用しています。スリングが開いた状態を維持出来るため、安心してリハビリや着替え時などの腕の出し入れが出来ます。新素材を採用し、金属不使用。

画像

◎パイルパッド

肩パッドにパイル生地を採用し、肌触りにこだわりました。クッション性も高く、肩、頚への負担を軽減。

画像
正面(右)
画像
正面(左)
画像
側面
画像
背面
画像
スリング本体
画像
腰部枕本体
画像
腰部枕を使用しない装着

調整方法

  • 本装具は左右兼用です。
  • マジックテープが外れないように、本体にしっかりと貼り付けて下さい。
  • 肩ベルト・腰ベルトが長い場合は先端のマジックテープを外し、適切な長さにカットして下さい。

※肩ベルト・腰ベルトの切り過ぎには十分ご注意下さい。

製品規格

画像

サイズ 適用範囲 カラー
S 28cm以下 ブラック・ワインレッド
M 28cm~35cm ブラック・ワインレッド
L 33cm~ ブラック

※左右兼用
※適用範囲は肘頭から第5指MP関節までの長さ

  • 本サイトは医師または義肢装具士などの医療従事者向けです。
  • 予告なく製品の仕様やデザインが変更になることがあります。
  • 本サイトの写真と実際の製品とでは、色などに違いがある場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 各製品は、付属の取扱説明書を必ずお読みになってからご使用ください。
  • 本サイトの内容は2018年2月現在のものです。

監修/岡村 健司(札幌羊ヶ丘病院整形外科)

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

ページTopへ >